マカの効果を実感できる【滋養に必要なとっておき成分を摂取】

自分の体のことも考える

カウンセリング

役割は出産だけではない

健康的な赤ちゃんを出産するためには、妊婦さんは日頃の食生活に気をつける必要があります。妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期によって必要な栄養が違い、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素を、それぞれの時期に合ったバランスで摂取することが大切です。妊婦さんに必要な栄養素として葉酸が注目されますが、その他にも気をつけて摂取しておきたいのがカルシウムです。妊婦さんは、カルシウムの吸収率が高まるとされ、必要な量が摂取できる食事をしていれば問題ないとされています。しかし、日本人の普段の食事からではカルシウムが不足していると言われています。なので、妊婦さんはいつも以上にカルシウムの摂取量に気をつける必要があります。妊娠中にカルシウムの摂取量が不足していても、お母さんの体にあるカルシウムが赤ちゃんに与えられるので、赤ちゃんの発育には問題ないとされています。しかし、赤ちゃんの発育に問題なくても、将来的にはお母さんに問題が発生する可能性があります。カルシウムは妊娠中だけでなく、授乳期にも赤ちゃんに与えることになります。このことで、お母さんの体にあるカルシウムがドンドンと奪われていき、歯がもろくなってしまったり、骨粗鬆症になったりする可能性を高めることになります。お母さんの役割は、出産をするだけでなく、自分の子供を立派な大人にすることも大切な役割です。そのためには、まずは自分の体の管理をして、いつも元気で過ごせる状態を保つ必要があるでしょう。子供と一緒に楽しい生活を送るためにもカルシウムをしっかりと意識的に摂取して体の管理をしましょう。

Copyright© 2018 マカの効果を実感できる【滋養に必要なとっておき成分を摂取】 All Rights Reserved.